1.事前調査
設計図書や現地確認により、アスベスト仕様の有無を確認します。
2.施工計画作成
施工計画書を作成し、労働基準監督署及び保健所に届け出を行い、審査を受けます。
3.隔離養生・機器設置
除去したアスベストが外部への飛散を防止するため、作業エリアを隔離するとともに、エリア内に負圧装置を設置します。
隔離養生・機器設置の詳細はこちらへ »
4.所轄官庁立ち会い
隔離養生完了後、作業エリアが適正に稼働しているかの審査を受け、合格後作業開始となります。
5.アスベスト除去作業
労働者のアスベスト吸引による健康被害を防止するために、専用の保護具に電動ファン付きの防塵マスクを装着させ、作業を行います。
紛じん飛散防止剤を散布しながら、ケレン棒やワイヤーブラシを使い、取り残しのないように入念にアスベストを除去します。
アスベスト除去作業の詳細はこちらへ »
6.隔離養生の撤去
作業エリア内のアスベストを除去完了後、エリア内に浮遊するアスベストの飛散を防止するため、再度、飛散防止剤を散布し、養生面へ吸着させ、隔離養生を撤去します。
隔離養生撤去の詳細はこちらへ »
7.廃石綿の搬出・処分
発生したアスベスト及び保護具等を専用の袋へ2重詰めの後、専門の処理場へ運搬し、適正処理を行います。
(要望があれば、リサイクルも可能です。)
廃石綿の搬出・処分の詳細はこちらへ »
8.アスベスト粉塵濃度測定
作業前・作業中・作業完了後の適時に粉じん濃度測定を行い、外部へ粉じんが流失していないかの確認を行います。

シェアする